ビジネスブログ型ホームページとは

はじめにPCイメージ1.jpg 

 近年、ビジネスパーソンから脚光を浴びていますのが「ビジネスブログ」と呼ばれる「企業様向け・個人事業主様向けのブログ型ホームページ」です。

 この「企業様向け・個人事業主様向けブログ(以下ビジネスブログ)」は「個人向けの日記ブログ」ではなく、ビジネスに十分に通用するもので従来のホームページの問題点を解消した最新型のホームページ作成ツールです。

 

企業らしいデザインで信頼感をアピール                                              

 「ビジネスブログ」の場合、個人向け日記ブログにはない、フォーマルな「ビジネスデザイン」が用意されています。 個人とは異なる一線を画した企業イメージをアピールできます。

 

メニュー(ナビゲーション)でコンテンツに誘導

 ページのヘッダー(上余白)やフッター(下余白)、および画面のサイドに「ナビゲーション・メニュー」を用意して、アクセスした方を必要なコンテンツにさりげなく誘導しています。 個人向けブログの場合は、ホームページとしてのメニュー機能が不足しておりますので、アクセスした方がせっかくのコンテンツの存在に気づかないケースが少なくありません。 個人の日記なら、別にそれでも構わないのでしょうが、「ビジネスブログ」では「読んでもらいたいコンテンツ」を、きちんと読んでもらう必要があります。

 

フォーム機能で問い合わせを獲得

 また「ビジネスブログ」では「フォーム機能」の提供が不可欠です。 「個人向けブログ」では、あくまで個人レベルで日記を公開するだけですから、問い合わせがなくても全く問題ないでしょう。 しかし企業がブログを運営するのは、「ビジネスに活用する」ためです。 当然、アクセスした方からの反応を得るための「フォーム機能」が必須事項となるのです。

 弊社が提供させて戴きますサービスらくらくホームページ工房】では、「資料請求フォーム」「問い合わせフォーム」「メールアドレス登録フォーム」等、各種の「フォーム機能」を標準装備しております。 こうしたフォーム機能さえあれば、ブログを立ち上げたその日からアクセスした方からの反応を得ることも可能なのです。

 従来、ホームページ制作会社へ多額な費用を支払って用意するしかなかった「フォーム機能」が、「ビジネスブログ」を利用することで簡単に利用できるようになったのです。

 

PCイメージ2.jpg◆検索サイト対策(SEO)で集客支援

Search Engine Optimization 検索エンジン最適化  

 さらに、ビジネスブログを作成する場合は、検索サイト対策 (SEO)として、様々な工夫が求められます。 いくらホームページに素晴らしいコンテンツを用意しても、アクセスする方がいなければ、何の役にも立ちません。 なるべく多くの方を集客するためには、検索サイト対策(以下SEO)が不可欠なのです。

 ブログは本質的に、SEO対策に有効な様々な機能を備えています。 しかし個人向けブログでは、こうしたSEO向けの機能をほとんど利用していません。 そのため、個人向けブログを使っていると、なかなか上位表示されない実情があります。

 一方、ビジネスブログを利用すれば、こうしたSEO向け機能を存分に使いこなすことが可能です。 もちろんビジネスブログのサービスで、SEOに力を入れているところと、ほとんど力を入れていないところがありますから、サービス利用前に充分な検討が必要です。その点、弊社ワイエスピーが提供させて頂きますSEO対応ビジネスブログ【らくらくホームページ工房】を利用すれば、かなりの上位表示がされる可能性が高くなります。

 

 ワイエスピーの【らくらくホームページ工房】では、個人向けブログでは提供されていないSEOをサーバーが自動的にSEO対策を施してくれるため、専門知識がない方でも、ご自分で簡単にSEO対策が行えます

 

 このように、「ビジネスブログ(企業様向け・個人事業主様ブログ)」では、

◆信頼感獲得につながる、企業らしいデザイン

◆お客様(アクセスされた方)を必要なコンテンツへ誘導するメニュー(ナビゲーション)機能

◆お客様(アクセスされた方)の問い合わせを獲得する、フォーム機能

◆集客(アクセスアップ)を目指したSEO対策機能

  が求められていることをご理解頂けたかと思います。

 

 その上で、弊社はビジネスブログにおいてアクセスした方が最初に訪れるページ(ランディングページ)を駆使し、アクセスしてきた方が貴社の収益につながる何らかの取引を行う割合を高めるLPOに努めてまいります。

 

 ※Landing Page Optimization 

 ランディングページ最適化 =他のサイトへと遷移させないよう、ランディングページから 目的のページへ簡単に

 遷移出来るように最適化すること。